社長のブログ

新着情報

緊急防災用の「井戸」及び「大型発電機」を設置(島田工場)

2014331日、 BCP(事業継続計画)及びCSR(企業の社会的責任)の一環として、島田工場(中河工場は2010年設置済)敷地内に緊急防災時用の「井戸」を設置しました。これにより、従来より設置済みのミネラルウォーター・サーバーと共に、災害時の事業継続の際には会社はもちろんのこと、地域防災の一助となることも期待できます。

 

また、同日、緊急時の電力確保を目的として、島田工場敷地内に「大型発電機」を設置しました。小型の発電機等は以前より設備してきましたが、今般の大型発電機の導入と2010年から導入の「燃料ストレージ」・「緊急防災倉庫」と併せて弊社の目指す地域と向き合ったBCPに必要な装備が整ってきました。(緊急時、日中は生産用に活用して製品の安定供給を目指します。夜間は生活用電力としての使用も可能となります。)

 

ページトップへ